健康・酒の雑学・酒の強い人弱い人

健康・酒の雑学ノート 健康・酒の雑学ノート
酒の強い人弱い人のページ

健康・酒の雑学ノート>酒の強い人弱い人

酒のことを調べているとイロイロなものに出会います。

ここでは、酒の雑学の特集として纏めました。

このページは、酒の強い人弱い人についてお伝えします。
スポンサードリンク

【酒の強い人弱い人】
身体に入ったアルコールは、アルコール分解酵素によって
アセトアルデヒドに分解されます。
このアセトアルデヒドは、さらにアセトアルデヒド分解酵素により酢酸になり、
最終的には水と二酸化炭素に分解され身体の中から排出されます。

アルコールの代謝物質のアセトアルデヒドは毒性があり、顔面紅潮や
吐き気、頭痛などの原因となります。
酒が飲める人と飲めない人の違いは体内のアセトアルデヒド分解酵素が
強いか弱いかです。
このアセトアルデヒド分解酵素は遺伝子によって受け継がれていきます。
言い換えると遺伝によって決定されると言われていますが、泥酔状態から
「しらふ」に戻るようなときも、遺伝子が関係していると言われています。

世界の人の遺伝子のアセトアルデヒド分解酵素の分布を調べると
白色人種や黒色人種は強く、黄色人種である、日本人や韓国人、
中国人などは弱い傾向にあるようです。

同じ日本の中でも、中央部から離れた北海道や東北地方、南九州や
沖縄の人たちはアセトアルデヒド分解酵素が比較的強い傾向にあり、
逆に近畿、中部地方の人は比較的弱い傾向にあると言われています。

この、日本での地域によるアセトアルデヒド分解酵素の違いは、
縄文文化の流れを受け継ぐ地域と弥生式文化を受け継ぐ地域としても
同様の分類が行われています。

つまり、縄文文化の時代の人たちはアセトアルデヒド分解酵素が強く、
その後、弥生式文化をもって大陸から渡ってきた人たちはアセトアルデヒド
分解酵素が弱いとも言われています。

いづれにしても、自分自身のアセトアルデヒド分解酵素の処理能力を知り、
適度に酒を楽しむことが大切なのではないでしょうか。


健康・酒の雑学ノート TOPへ
TOPページ

日本酒の分類

原酒と生酒

生貯蔵酒・生詰酒

どぶろくとにごり酒

酒の原料・米

酒の原料・水

酒の原料・米麹

酒造り

酒造り・精米

酒造り・洗米・浸漬

酒造り・蒸し

酒造り・製麹

酒造り・酛

酒造り・醪

燗酒

酒は百薬の長?

酒の雑学特集

プロフィール

相互リンクのお願い

リンク集



スポンサードリンク
Copyright(C) All Rights Reserved