健康・酒の雑学・酒のことわざ3

健康・酒の雑学ノート 健康・酒の雑学ノート
酒のことわざのページ

健康・酒の雑学ノート>酒のことわざ3

酒のことを調べているとイロイロなものに出会います。

ここでは、酒の雑学の特集として纏めました。

このページは、酒に関わることわざについてお伝えします。
スポンサードリンク
<酒のことわざ3>
酒は古酒、女は年増
酒も女も若いものより多少歳がたった古いほうが、味わい
深いものである。
酒は天の美禄(びろく)
「美禄」とは本来は良い給与。酒は天からの賜り物だと
いうこと。酒をたたえた言葉。
酒は飲むとも飲まるるな
酒を飲むのは悪いことではないが、飲みすぎて正体を
失うような飲み方は慎むべきと言う戒めの言葉。
酒は百薬の長
適度の飲酒ならば、多くの薬以上に健康のためによい。
酒を賛美していうことば。
情けの酒より酒屋の酒
情けの「さけ」と酒屋の「さけ」をかけたしゃれで、同じ「さけ」
なら、「情け」よりも「酒」。同情よりも、実際に役立つ金品や
援助の方がありがたいということ。
飲まぬ酒には酔わぬ
何事も、原因と結果はつながりあり原因のない結果はないと
いうことのたとえ。
飲まば朝酒、死なば卒中(そっちゅう)
酒を飲むなら朝酒が一番うまくてよい。死ぬときは苦しまずに
死ねる卒中がいいという意味。
人酒を飲む酒酒を飲む酒人を飲む
酒を飲むとき、少量のときは味わって飲んでいるが、酔が
まわると惰性で酒を飲み、最後には正気を失ってしまうと
いうこと。酒の飲みすぎを戒めることば。
濁酒(だくしゅ)も茶よりは勝る
たとえ濁酒(=どぶろく)のような安い酒でも、酔わない茶よりは
ましだ、ということ。
酔い醒めの水、下戸(げこ)知らず
酔いが醒めたときに飲む水のうまさは、酒の飲めない人には
分からないということ。
酒飲みにとって酔い覚めの水は「甘露の味」。
健康・酒の雑学ノート TOPへ
TOPページ

日本酒の分類

原酒と生酒

生貯蔵酒・生詰酒

どぶろくとにごり酒

酒の原料・米

酒の原料・水

酒の原料・米麹

酒造り

酒造り・精米

酒造り・洗米・浸漬

酒造り・蒸し

酒造り・製麹

酒造り・酛

酒造り・醪

燗酒

酒は百薬の長?

酒の雑学特集


プロフィール

相互リンクのお願い

リンク集


スポンサードリンク
Copyright(C) All Rights Reserved