健康・酒の雑学・酒のことわざ2

健康・酒の雑学ノート 健康・酒の雑学ノート
酒のことわざのページ

健康・酒の雑学ノート>酒のことわざ2

酒のことを調べているとイロイロなものに出会います。

ここでは、酒の雑学の特集として纏めました。

このページは、酒に関わることわざについてお伝えします。
スポンサードリンク
<酒のことわざ2>
下戸(げこ)の建てたる倉もなし
酒を飲まないという理由で、財産を残したという例はない。
飲酒礼賛のことば。
酒はほどほどに飲んで楽しんだほうがよいということ。
酒入れば舌出ず(したいず)
酒を飲むと緊張がほぐれ、口数も多くおしゃべりになるということ。
酒買って尻切られる
酒をご馳走した相手に、尻を切られるような乱暴をされること。
好意を仇で返されること。
酒が沈むと言葉が浮かぶ
深酒をして酔いがまわると、心の中に秘めていた本心が
口から出てきてしまうということ。
酒極まって乱となる
酒宴は、礼儀正しく飲んでいても、それぞれが酔うに従って
騒がしくなり、ついには喧嘩が始まり乱れたものになる。
酒三杯は身の薬
適量の酒は身体にとっては薬となる。酒は百薬の長と同義。
酒と朝寝は貧乏の近道
酒を飲み、朝寝坊して怠けていれば、貧乏になっていくと
いうこと。
酒と産には懲りた者がない
二日酔いや難産は辛いものであるが、酒や色事をやめる者は
いない。快楽の誘惑に人は弱く懲りないものだということ。
酒に別腸(べっちょう)あり
酒量は体の大きさには関係がなく、酒の入る腸は別にあると
いうこと。
酒は憂い(うれい)を掃う(はらう)玉箒(たまほうき)
酒を礼賛することば。酒は心の心配事や悩み事を忘れさせ、
取り除いてくれる素晴らしい箒(ほうき)のようなものだ。
健康・酒の雑学ノート TOPへ
TOPページ

日本酒の分類

原酒と生酒

生貯蔵酒・生詰酒

どぶろくとにごり酒

酒の原料・米

酒の原料・水

酒の原料・米麹

酒造り

酒造り・精米

酒造り・洗米・浸漬

酒造り・蒸し

酒造り・製麹

酒造り・酛

酒造り・醪

燗酒

酒は百薬の長?

酒の雑学特集


プロフィール

相互リンクのお願い

リンク集


スポンサードリンク
Copyright(C) All Rights Reserved