健康・酒の雑学・抗酒剤・アンタブス

健康・酒の雑学ノート 健康・酒の雑学ノート
抗酒剤・アンタブスのページ

健康・酒の雑学ノート>抗酒剤・アンタブ

酒のことを調べているとイロイロなものに出会います。

ここでは、酒の雑学の特集として纏めました。

このページは、抗酒剤・アンタブスについてお伝えします。
スポンサードリンク
抗酒剤・アンタブス

ローマには、古くから、「バッカス(酒の神)はネプチューン(海の神)よりも
多くのものを溺死させた」ということわざがあります。

このことから、酒の虜となって、「このような思いをするなら、酒が
飲めなくなったなら…」と思っている方も、少なくないことでしょう。

そのような人たちは、「アンタブス」衝撃的なという商品を
ご存知でしょうか?

欧米ではアルコール依存症や中毒症の治療に広く使用されていると
いわれ、このアンタブスは、欧州の大学教授が駆虫剤を作る過程で、
その副作用を自分の体で調べていて発見したものといわれています。

無味無臭、微黄色色で柱状結晶の、抗酒薬(薬)です。
この薬の化学名はテトラエチル・チウラム・ジスルフィドです。

この薬はアルデヒドデヒドロゲナー(二日酔いの原因と言われている
アセトアルデヒドを分解する体内の酵素)の働きを抑えます。

このため、「アンタブス」という抗酒薬を使用すると頭痛や発汗、血圧降下
などの二日酔いの症状になり、次第と酒が飲めなくなるというものです。

この薬自体には毒性はないのですが、アルコールと併用すると呼吸抑制
などの症状を引き起こすこともあり、実際の治療には専門医の監視下で
行われます。

この薬は、日本でも承認されています。

しかしながら、大切なことは薬を使わなくてはならないような状態になる
前に、酒の量を自制することではないかと思います。

酒は楽しく飲みたいものです。
自分の適量を自覚して酒は、適量を守りたいものです。



健康・酒の雑学ノート TOPへ

TOPページ

日本酒の分類

原酒と生酒

生貯蔵酒・生詰酒

どぶろくとにごり酒

酒の原料・米

酒の原料・水

酒の原料・米麹

酒造り

酒造り・精米

酒造り・洗米・浸漬

酒造り・蒸し

酒造り・製麹

酒造り・酛

酒造り・醪

燗酒

酒は百薬の長?

酒の雑学特集

プロフィール

相互リンクのお願い

リンク集


スポンサードリンク
Copyright(C) All Rights Reserved